『運命の人にたどり着く、あなただけの特別な近道をご案内。』

整理収納アドバイザーの中野眞由美です。

 

1年以上の着ない洋服は処分した方がいいですか?とよく、聞かれますが、

基本的に、イヤな気持ちになる、嬉しい気持ちにならない、捨てるのにためらいのない洋服以外は

保管しても大丈夫です。

 

着ないけど、嬉しい気持ちになる服、迷う服は、迷い箱として、他のモノとはっきり分けて

保管するスペースを作りましよう。自分なりの賞味期限を決めるたりするのもいいでしょう?

 

私も、なかなか手放せない、昔のお気に入りの洋服がありました。

痩せたら着ようとずっと置いてました。でも、いざ着て見ると違和感がありました。

家で試着して、鏡をみると違和感があったりし、毎年少しづづ処分しました。

最後に残ったのは、結婚式で着たフォーマル洋服でした。これも10年以上1回も着なかったので

思い切って処分しました。

そして、今の自分に似合うお洋服を、選んでいこうと思いました。

 

人に譲る時には、洗濯し、陽に干してから譲りましょう。

洋服には、前の持ち主のエネルギーが残っています。洗濯して太陽に当てて干すと、

着ていた人のエネルギーをリセットしてくれるそうです。

 

自分で処分する時には『今までありがとう!!』と言ってゴミ箱に捨てるといいと思います

『もったいない』と思わなくて大丈夫です。

私は、別のゴミとは分けて、紙袋に入れて感謝して捨てます。

 

お洋服への感謝の気持ちが、

周りの人に大切にする感謝のエネルギーと変わり、自分にも戻ってくると思います。